二以上勤務者 算定基礎届 記入例。 算定基礎届記入例2020!書き方をどこよりもわかりやすく解説

算定基礎届とは?基礎知識から書き方・記入例をわかりやすく!【社会保険】

記入例 二以上勤務者 算定基礎届 記入例 二以上勤務者 算定基礎届

👊 事業所から当該届書が提出されていることを確認してください。 報酬欄の記入方法 次に従業員ごとの報酬を記入する箇所について説明します。 。

17
2 70歳以上で新たに二以上の事業所に雇用され、健康保険の被保険者となる場合は「健康保険被保険者 所属選択・二以上事業所勤務届」の提出が必要です。

2以上勤務者の算定基礎届

記入例 二以上勤務者 算定基礎届 記入例 二以上勤務者 算定基礎届

😩 ) 複数の事業所勤務になりそうなら 事務のご担当者なら、年金事務所へご相談いただくのが、一番手っ取り早いと思います。 また、「70歳以上の被用者」につきましては、「在職老齢年金」制度が適用されることとなるため、この観点からも、「備考」欄に「70歳以上の被用者」に該当する旨の記載が必要となります。 電子申請だと、個人様から委任状を預かることになるので、私は書面で行っています。

15
資料・書式文例 /人事の課題解決に役立つ、事例、レポート、フォーマットを無料でダウンロード• 年金機構なり健保組合から連絡があります。 ただ、その場合は算定基礎届の報酬月額欄は記入せず、備考欄の「3. 例えば昭和63年5月3日の場合、「5-630503」となります。

「報酬月額算定基礎届」の記載項目

記入例 二以上勤務者 算定基礎届 記入例 二以上勤務者 算定基礎届

⚓ 被保険者賞与支払届は年金額に影響する書類? 被保険者賞与支払届は、 賞与を支給した5日後までに、管轄の年金事務所・年金センターに提出する必要があります。 【例】昭和63年5月3日は、「5-630503」となります。

18
また「報酬月額算定基礎届」の「 従前改定月」 欄には、「上記の標準報酬月額が 決定・改定された月」が印字されています。

書式集ダウンロード 社会保険適用関係 山下社労士事務所 京都市

記入例 二以上勤務者 算定基礎届 記入例 二以上勤務者 算定基礎届

🤫 ・被保険者報酬月額変更届(7月改定者の分) 標準報酬月額の算定に年間平均を使用する場合は、次の書類も提出する必要があります。 したがって扶養内で働いているために会社の社会保険に加入していないパートさんや、アルバイトの学生は記入しません。 こちらには遡及支払が行われた月と遡及分の金額を記入します。

14
記入例のPDFも掲載されていますのでを参考にしてみましょう。 ここからは2ヵ所以上の適用事業所に使用される場合、社会保険の実務である。

複数の事業所に雇用されるときの手続き

記入例 二以上勤務者 算定基礎届 記入例 二以上勤務者 算定基礎届

🤐 このことを会社から保険者に報告するために、「途中入社」に該当する旨を「報酬月額算定基礎届」に記載することが必要となります。

18
提出に必要な書類 以下の2つは同時に提出しなければなりません。

「報酬月額算定基礎届」の記載項目

記入例 二以上勤務者 算定基礎届 記入例 二以上勤務者 算定基礎届

✇ 対象となる従業員や記載すべき報酬、提出方法などをしっかりと把握して、期限内の提出を心がけましょう。

19
お問い合わせはこちらから、お願いします。