ランボルギーニ ミウラ。 ランボルギーニ「ミウラ」が今も絶賛される理由

ランボルギーニのミウラとカウンタック。パリ・オークションで記録的な高価格で落札(Webモーターマガジン)

ミウラ ランボルギーニ ミウラ ランボルギーニ

😊 スペインの牧場'Miura'のの角にかかって死んだ名闘牛士は何人もいる。 去る2021年2月13日にパリで開催されたRMサザビーズ・パリ・オークションで、ランボルギーニの伝説的名車、1971年製ミウラSVと1977年製カウンタックLP400が、前例のない高額で落札されたのだ。 外部リンク [ ]• 出荷時の記録によれば、ボディカラーはホワイト、インテリアカラーはブルーとされているが、現在ではそれぞれガンディメタリック、タンレザーへと姿を変えている。

17
自らの手でJを作り上げたウォレスも、それをメカニックの立場から現場で感じていたに違いない。

ランボルギーニ「ミウラ」が今も絶賛される理由

ミウラ ランボルギーニ ミウラ ランボルギーニ

🤝 ダラーラが最初に考えたミニのような小排気量モデルならばいざ知らず、大排気量で高性能なエンジンの潤滑システムをエンジンとトランスミッションで共有するのは、やはりリスクがあったのだろう。 カスタムモデル [ ] Zn 75 [ ] "Zn 75"はたった一台だけ生産された風である。

P400S [ ] ミウラの絶え間ない改良は続き、12月、370馬力に出力を向上させた P400Sとなる。

ランボルギーニ・ミウラ

ミウラ ランボルギーニ ミウラ ランボルギーニ

⚔ 「打倒フェラーリ」はマーケティング戦略? 1965年のトリノショーに、ボディが懸架されていないシャーシとドライブトレインのみの「TP400」が発表された。 依然としてコロナ禍の収まらない2021年は、パリの「レトロモビル」も本来の2月から6月第1週に延期されることが既に決まっているものの、付随するオークションはイベント公式の仏「ARTCURIAL(アールキュリアル)」社を筆頭に、複数がおこなわれるようだ。

2
クルマの写真を元にした印刷アートの制作販売を行っているPhilippe Muratoriのサイトではミウラに関するあらゆる資料が確認できる。

ランボルギーニ・ミウラ

ミウラ ランボルギーニ ミウラ ランボルギーニ

😃 ランボルギーニ・ミウラ スペック P400 x P400S x P400SV 出典: 販売期間 1966年 — 1973年 デザイン ベルトーネ 乗車定員 2人 ボディタイプ 2ドアクーペ エンジン 3. 当時ベルトーネのチーフデザイナーは前任のジウジアーロから交代したばかりのマルチェロ・ガンディーニであった。 P400SVモデルは約150台が生産された。 非常に珍しいエンジンレイアウトのこの車はボディなしにも関わらずカジノに集まる富豪たちの視線を釘付けにした。

18
「今回の結果は喜ばしいのですが、驚くべきことではありません(笑)。

ランボルギーニ ミウラの魅力とは。歴代モデルと新車・中古価格も紹介

ミウラ ランボルギーニ ミウラ ランボルギーニ

💖 だが社長のフェルッチオ・ランボルギーニはそれを許すことはなく、Jはあくまでもウォレスの個人的な趣味の1台として工場の片隅で組み立てられていったのだった。

8
獰猛で頭が良く、角の大きなMiuraの闘牛は、今でも闘牛士の間で恐れられている。 から少なくともまで国内のヒストリックカー専門店にあった 後、ののコレクションにあるはずであると多くの専門家が指摘していたが、白のレザーシートに赤いカーペットのインテリア、淡いブルーメタリックのボディカラーにリフィニッシュされて、のに現れたことで、マツダコレクション説は否定された。

3億1000万円で落札されたランボルギーニ「ミウラSV」は「イオタ」仕様だった!?

ミウラ ランボルギーニ ミウラ ランボルギーニ

⚒ 福野礼一郎『福野礼一郎スーパーカーファイル』双葉社、2008年 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

2
というよりも、あくまでも趣味の車に過ぎない存在だったというほうが正しいのかもしれない。