雪 の いと 高 う 降り たる を 現代 語 訳。 『枕草子』の現代語訳:101

「雪のいと高う降りたるを」の現代語訳

を 雪 語 う たる 訳 現代 いと の 降り 高 を 雪 語 う たる 訳 現代 いと の 降り 高

✍ なほ、この 宮の人には、 さ べき な めり。

このウェブページでは、『枕草子』の『雪のいと高うはあらで、薄らかに降りたるなどは、いとこそをかしけれ~』の部分の原文・現代語訳を紹介します。

雪のいと高う降りたるを 現代語訳・品詞分解・原文

を 雪 語 う たる 訳 現代 いと の 降り 高 を 雪 語 う たる 訳 現代 いと の 降り 高

🤚 「黒=原文」・ 「青=現代語訳」 解説・品詞分解はこちら 雪のいと高う降りたるを、例ならず御格子(みかうし)まゐりて、 雪がたいそう高く降り積もっているに、いつもとは違って、御格子をおろして 炭櫃(すびつ)に火おこして、物語などして集まりさぶらふに、 炭櫃(囲炉裏)に火をおこして、(女房達が)話などして(中宮定子のそばに)集まってお仕えしていたところ、 「少納言よ、香炉峰(かうろほう)の雪、いかならむ」と仰せらるれば、 「少納言よ、香炉峰の雪はどのようだろう。

という言葉は、誰の何という作品を踏まえたものか。

枕草子~雪のいと高うはあらで~

を 雪 語 う たる 訳 現代 いと の 降り 高 を 雪 語 う たる 訳 現代 いと の 降り 高

💓 な=断定の助動詞「なり」の連体形、接続は体言・連体形。

4
〈juppo〉関東地方は雪が降っています。

雪のいと高う降りたるを 現代語訳・品詞分解・原文

を 雪 語 う たる 訳 現代 いと の 降り 高 を 雪 語 う たる 訳 現代 いと の 降り 高

🤑 だから、主語は清少納言で上げたのは他の女房。 やはり、この中宮定子様に(お仕えする人として)は、ふさわしい人であるようだ。

2
宵もや過ぎぬらむと思ふほどに、沓(くつ)の音近う聞ゆれば、怪しと、見出したるに、時々、かやうの折におぼえなく見ゆる人なりけり。

枕草子『雪のいと高う降りたるを』現代語訳

を 雪 語 う たる 訳 現代 いと の 降り 高 を 雪 語 う たる 訳 現代 いと の 降り 高

⚛ 寒いので、十二枚も着物を重ねて着るようになった、なんて話はどこでも見られるのでここではしません(してんじゃん)。 なほこの宮の人には、さべきなめり。

・ 500個ほど有るといわれている重要語句は カラーで表示しています。 直後に尊敬語が来ないときは尊敬の意味にはならず「使役」の意味となる。

雪のいと高う降りたるを・枕草子 現代語訳・品詞分解ひと目でわかる

を 雪 語 う たる 訳 現代 いと の 降り 高 を 雪 語 う たる 訳 現代 いと の 降り 高

🤲 山里は雪降り積みて道もなし今日来む人をあはれとは見む 〔山里は雪が降り積もって道もない。 雪は現代人にとっても特別な感情をかき立てるものがあります。 女だけの集まりでは、そんなに、一晩中雑談で明かすことなどできないだろうが、男性が加わると、女性も風流で情趣のある様子などを語り合うようになるものだ。

18
円座(わらふだ)ばかりさし出でたれど、片つ方の足は下ながらあるに、鐘の音なども聞ゆるまで、内にも外にも、この言ふ事は、飽かずぞおぼゆる。 」と言ふ。

『枕草子』「雪のいと高う降りたるを」用言と助動詞の品詞と活用形&現代語訳まとめ!

を 雪 語 う たる 訳 現代 いと の 降り 高 を 雪 語 う たる 訳 現代 いと の 降り 高

🙄 」と言ふ。 ざり=打消の助動詞「ず」の連用形、接続は未然形 つれ=完了の助動詞「つ」の已然形、接続は連用形。 解説・品詞分解はこちら. なほ=副詞、やはり 宮=名詞、皇族の敬称、天皇の親族である人のことをいう。

1
では、私は雪の中を帰りまーす。