E235 系 横須賀 線 試運転。 【新しい横須賀線・総武快速線の顔へ】E235系1000番台の説明と、東海道線試運転の記録

JR東日本「E235系1000番台」横須賀線・総武快速線の新型車両に期待

横須賀 E235 線 試運転 系 横須賀 E235 線 試運転 系

😘 他社では採用事例が多いものの、JR東日本の車両としてはかなりの違和感があります。 基本・付属ともに3編成目以降はいつ登場するのかはヒントとなり得る動きはありません。 知名度の高い山手線で見たことのある「顔」が神奈川県や千葉県でも見られるとなれば、それなりに話題性もあるのではないかと考えられる。

12
写真手前側が「J-01編成」(4両編成)で、写真奥方向が大船駅になります。

横須賀線・総武快速線用 E235系1000番台 試運転~鉄道関連趣味の部屋♪

横須賀 E235 線 試運転 系 横須賀 E235 線 試運転 系

📞 2020年6月8日(月)に、EF64-1030の牽引により越後石山から大船の鎌倉車両センターまで配給輸送された横須賀線・総武快速線用のE235系1000番台の基本編成の第1編成となる「F-01編成」(11両編成)は、8月3日(月)から平日において連日、所属先の鎌倉車両センターを拠点とした試運転を実施しています。 中長距離を走る近郊形車両は一部の車両にボックスシートが設置されており、長距離利用者への配慮がなされていましたが、このE235系はボックスシートが採用されませんでした。 2020. 横須賀線・総武線快速電車の世代交代 2015年ごろからE231系の地方転用を示唆する組合資料・車両の動きなどが多数あり、E235系の山手線に続く投入先は東海道線・高崎線・宇都宮線向けと推測する見方が有力でした。

17
山手線でのデビュー当時は奇抜な印象を与えたE235系も、E231系500番台からの置換えが完了したいま、すっかり山手線の「顔」になったように思える。

横須賀線新型車両E235系営業運転前の今、試運転にも注目!

横須賀 E235 線 試運転 系 横須賀 E235 線 試運転 系

✔。 いかなる車両か、車両置換えが今後どのような変化をもたらすか。

18
また、先代のE217系もカラーリングを変更して東海道線で活躍していた時期もあったように、 元は同じ線路を走っていた東海道線と横須賀線・湘南色と横須賀色の深い繋がりは最新型にもしっかり受け継がれることとなりそうです。

JR東日本「E235系1000番台」横須賀線・総武快速線の新型車両に期待

横須賀 E235 線 試運転 系 横須賀 E235 線 試運転 系

😇 山手線の「顔」と横須賀線のラインカラーが見事に融合しており、沿線から電車を見る際の楽しみも増えそうだ。 皆様、こんにちは。 (こちらも置き換えが計画されている、京浜東北・根岸線E233系1000番台@横浜駅) ただ、仮に置き換えられた京浜東北・根岸線用のE233系1000番台全編成、ならびに横浜線用E233系6000番台全編成の車両数を足しても、車両置き換え計画で具体的に示されている、高崎・松本・甲府エリア・仙石線に現在所属している編成には及ばないという見方が出てきています。

8
混雑を避けて快適な座席に座りつつ、加えてパソコンやスマホを安心して利用することができる、優しい設計になりました。

JR東日本「E235系1000番台」横須賀線・総武快速線の新型車両に期待

横須賀 E235 線 試運転 系 横須賀 E235 線 試運転 系

✇ それぞれ乗務範囲内や各拠点などに車両を持っていって実施されるのが通例ですので、 横須賀線内・千葉エリアともに見ることが出来そうです。 基本編成のグリーン車は編成として完成する1ヶ月以上前に横浜から新津へ運ばれる先例を考えると、早くても8月以降でしょうか。

16
首都圏の駅では「短い11両編成」とアナウンスされてしまう基本編成11両だが、落成したばかりの車体を輝かせて走る姿は堂々たるもので、迫力がある。

JR東日本「E235系1000番台」横須賀線・総武快速線の新型車両に期待

横須賀 E235 線 試運転 系 横須賀 E235 線 試運転 系

☕ 特に今回のE235系1000番台の場合は営業運転範囲が広いため、その回数もかなり多いものとなることが予想できます。

2
、、は廃止され、新たに東京、新宿~小田原間に 特急 【湘南】号が設定されます。 2019年だけでも埼京線E233系7000番台の増備編成・相鉄12000系・サフィール踊り子号のE261系と話題の車両が相次いで東海道貨物線を訪れているほか、過去には山手線向けのE235系も同様の試運転をしています。