覇者 の 塔 南 33。 【モンスト】覇者の塔33階が勝てない人へ。無課金でも安定して勝つためのコツを紹介!

【モンスト】覇者の塔【33階】攻略と適正キャラランキング

の 南 覇者 33 塔 の 南 覇者 33 塔

📱 反射制限を一筆書きで倒す ステージ1の攻略解説 「ビットン」が毎ターン「反射制限」を蘇生させてくるので、一筆書きで「反射制限」を全て同時に倒しましょう。 ボス戦はぷよリンを集中攻撃 ボス戦の摩利支天は ぷよリンとHPリンクしているので、ボス戦はぷよリンを集中攻撃しよう。 (桜木イブ進化に同族加撃の実特級がついていればワンパン可能) 一度一筆書きをしたり、友情で雑魚のHP調整してから、一筆書きで一気に倒す必要がある。

11
左側の貫通制限を先に倒し、そのあとひたすら左側で縦カンし続けることで安全に2体の反射制限を倒し続けることができます。 各ステージで1体までなら、貫通制限を倒しても持ち直すことができますが、なるべく倒さないようにしましょう。

【モンスト】裏覇者の塔南【34階/水】攻略と適正キャラランキング

の 南 覇者 33 塔 の 南 覇者 33 塔

🙏 強友情を編成すればスムーズに攻略できるため、優先して編成しておこう。 ・16ターン号令が強力• ・便利な自強化SS• 中ボスを倒せば撤退する。 3キャラ目の場合は上記のような角度で狙っていきましょう。

3
・SSで大ダメージを出せる• 育成素材の入手方法• そして2手目で下記の角度を参考目安角度として一筆書きを実行しましょう。 33階の攻略パーティ ガチャ限パーティ キャラ1 キャラ2 キャラ3 キャラ4 ガチャ限の適正パーティの一例です。

【モンスト】裏覇者の塔33階(南/火)の攻略と適正キャラランキング

の 南 覇者 33 塔 の 南 覇者 33 塔

😚 倒すと被ダメが増えるだけなので、無視して反射制限と中ボスを攻撃しよう。 防御力ダウンが切れたら残っている魔導師を倒し、もう一度防御ダウンさせよう。 アヴァロン 爆絶 スピードが500を超えるので、制限雑魚を倒しやすい。

2
ダメージウォールは4面に張られるので、対策が必要です。 1ターン目は縦カンをして反射制限を倒す• 1体目でキャラで反射制限を攻撃しようとすると、魔法陣を踏んでひよこになる可能性が高いので、1ターン目のキャラは縦カンして、2体目のキャラで一筆書きをしてステージを突破するといい。

【モンスト】裏覇者の塔(南33)の適正キャラと攻略

の 南 覇者 33 塔 の 南 覇者 33 塔

✌ 「反射制限」はお互いを蘇生してくるので、しっかり一筆で倒しきれるルートを見つけて全処理するのがポイントです。 1:魔導師を片方倒して敵の防御力を下げる• チェッカーツール• 各ステージに反射制限雑魚が出現するので、貫通タイプのアンチダメージウォールを持ったキャラを連れて行こう。

4
雑魚の呼び出し後 雑魚のホーミングをまとめて受けると被ダメージが多くなる。 全敵ロックオン衝撃波を持っているので、ステージ3の雑魚のHPを削りやすく、ステージを突破しやすくなる。

【モンスト】裏覇者の塔33階(南/火)の攻略と適正キャラランキング

の 南 覇者 33 塔 の 南 覇者 33 塔

💋 ステージ2 貫通制限を先に倒す• 左の反射制限を縦カンしてボスを倒す• 位置によっては無理矢理下記のように狙うこともできます。 ・友情コンボで火力を出せる 反射制限を倒す 直殴りと友情コンボで制限雑魚を同時に処理 第3ステージの反射制限は第1、2ステージよりもHPが高いです。 左の貫通制限を倒した後は、毎ターン縦カンして反射制限を2体を倒しながらボスを攻撃する。

16
・友情が雑魚処理に有効• 適正キャラランキング 適正キャラ Sランク 適正理由• ・反射制限にSSで1ゲージ飛ばせる• ただしかし、モンスターの手持ち次第で難易度が変わるというのは現在も変わりないと思います。 ・超ADWで火力アップ• バトル2 立ち回りの注意点・コツ 先に貫通制限を倒した後に反射制限を一筆書きで処理しましょう。

【モンスト攻略】裏・覇者の塔 南33階(火)“翠天の陽炎”攻略と適正モンスター紹介 [ファミ通App]

の 南 覇者 33 塔 の 南 覇者 33 塔

😄 立ち回りが不安な場合は、他属性でダメージウォールと魔法陣に対応できるモンスターも編成しておきたい。 覇者の塔33階の攻略ポイント ダメージウォール対策をしよう 覇者の塔33階のメインギミックは「ダメージウォール」です。

貫通制限を倒した時のホーミングの被ダメが大きいので、右側の貫通制限2体は倒さないようにすること。 ただ、極端にスピードが遅いキャラの場合は倒しきれませんので、そういう場合はぷよりんをできるだけ倒しながら、ひよこにならないように弾くようにしましょう。