西暦 と 和 暦。 契約書の年表記は和暦・西暦どちらにすべきか

西暦、和暦、仏暦、年齢の対応表

暦 和 西暦 と 暦 和 西暦 と

😀 和暦 西暦 明治30年 1897 明治31年 1898 明治32年 1899 明治33年 1900 明治34年 1901 明治35年 1902 明治36年 1903 明治37年 1904 明治38年 1905 明治39年 1906 明治40年 1907 明治41年 1908 明治42年 1909 明治43年 1910 明治44年 1911 明治45年 1912 大正1年 1912 大正2年 1913 大正3年 1914 大正4年 1915 大正5年 1916 大正6年 1917 大正7年 1918 大正8年 1919 大正9年 1920 大正10年 1921 大正11年 1922 大正12年 1923 大正13年 1924 大正14年 1925 大正15年 1926 和暦 西暦 昭和1年 1926 昭和2年 1927 昭和3年 1928 昭和4年 1929 昭和5年 1930 昭和6年 1931 昭和7年 1932 昭和8年 1933 昭和9年 1934 昭和10年 1935 昭和11年 1936 昭和12年 1937 昭和13年 1938 昭和14年 1939 昭和15年 1940 昭和16年 1941 昭和17年 1942 昭和18年 1943 昭和19年 1944 昭和20年 1945 昭和21年 1946 昭和22年 1947 昭和23年 1948 昭和24年 1949 昭和25年 1950 昭和26年 1951 昭和27年 1952 昭和28年 1953 昭和29年 1954 昭和30年 1955 昭和31年 1956 和暦 西暦 昭和32年 1957 昭和33年 1958 昭和34年 1959 昭和35年 1960 昭和36年 1961 昭和37年 1962 昭和38年 1963 昭和39年 1964 昭和40年 1965 昭和41年 1966 昭和42年 1967 昭和43年 1968 昭和44年 1969 昭和45年 1970 昭和46年 1971 昭和47年 1972 昭和48年 1973 昭和49年 1974 昭和50年 1975 昭和51年 1976 昭和52年 1977 昭和53年 1978 昭和54年 1979 昭和55年 1980 昭和56年 1981 昭和57年 1982 昭和58年 1983 昭和59年 1984 昭和60年 1985 昭和61年 1986 昭和62年 1987 昭和63年 1988 和暦 西暦 昭和64年 1989 平成1年 1989 平成2年 1990 平成3年 1991 平成4年 1992 平成5年 1993 平成6年 1994 平成7年 1995 平成8年 1996 平成9年 1997 平成10年 1998 平成11年 1999 平成12年 2000 平成13年 2001 平成14年 2002 平成15年 2003 平成16年 2004 平成17年 2005 平成18年 2006 平成19年 2007 平成20年 2008 平成21年 2009 平成22年 2010 平成23年 2011 平成24年 2012 平成25年 2013 平成26年 2014 平成27年 2015 平成28年 2016 平成29年 2017 平成30年 2018 平成31年 2019. 元号法は元号の使用を義務付けていない 次に、法律の条文を見てみましょう。

国権の最高機関であります国会が、法律という形で元号を公式の年の表示方法とするものでありまして、国等の公的機関が元号を使用することを予定しておるものと考えております。

和暦⇔西暦、早見表

暦 和 西暦 と 暦 和 西暦 と

☘ 太陰暦(旧暦)の「明治5年12月3日」を「明治6年(1872年)1月1日」と定める。 12月3日を明治6年元日とする。

10
平成に代わる新元号は「令和」(れいわ)に。 いらすとや 令和のローマ字表記はReiwa。

和暦・西暦早見表

暦 和 西暦 と 暦 和 西暦 と

☺ 『自治実務セミナー』12巻8号「公文書に西暦年を使用できるか」• 政府が新元号を「令和」にすると発表。 西暦 年齢 令和 平成 昭和 大正 2021年 0歳 令和3年 平成33年 昭和96年 大正110年 2020年 1歳 令和2年 平成32年 昭和95年 大正109年 2019年 2歳 令和元年 平成31年 昭和94年 大正108年 2018年 3歳 -1年 平成30年 昭和93年 大正107年 2017年 4歳 -2年 平成29年 昭和92年 大正106年 2016年 5歳 -3年 平成28年 昭和91年 大正105年 2015年 6歳 -4年 平成27年 昭和90年 大正104年 2014年 7歳 -5年 平成26年 昭和89年 大正103年 2013年 8歳 -6年 平成25年 昭和88年 大正102年 2012年 9歳 -7年 平成24年 昭和87年 大正101年 2011年 10歳 -8年 平成23年 昭和86年 大正100年 2010年 11歳 -9年 平成22年 昭和85年 大正99年 2009年 12歳 -10年 平成21年 昭和84年 大正98年 2008年 13歳 -11年 平成20年 昭和83年 大正97年 2007年 14歳 -12年 平成19年 昭和82年 大正96年 2006年 15歳 -13年 平成18年 昭和81年 大正95年 2005年 16歳 -14年 平成17年 昭和80年 大正94年 2004年 17歳 -15年 平成16年 昭和79年 大正93年 2003年 18歳 -16年 平成15年 昭和78年 大正92年 2002年 19歳 -17年 平成14年 昭和77年 大正91年 2001年 20歳 -18年 平成13年 昭和76年 大正90年 2000年 21歳 -19年 平成12年 昭和75年 大正89年 1999年 22歳 -20年 平成11年 昭和74年 大正88年 1998年 23歳 -21年 平成10年 昭和73年 大正87年 1997年 24歳 -22年 平成9年 昭和72年 大正86年 1996年 25歳 -23年 平成8年 昭和71年 大正85年 1995年 26歳 -24年 平成7年 昭和70年 大正84年 1994年 27歳 -25年 平成6年 昭和69年 大正83年 1993年 28歳 -26年 平成5年 昭和68年 大正82年 1992年 29歳 -27年 平成4年 昭和67年 大正81年 1991年 30歳 -28年 平成3年 昭和66年 大正80年 1990年 31歳 -29年 平成2年 昭和65年 大正79年 1989年 32歳 -30年 平成元年 昭和64年 大正78年 1988年 33歳 -31年 -1年 昭和63年 大正77年 1987年 34歳 -32年 -2年 昭和62年 大正76年 1986年 35歳 -33年 -3年 昭和61年 大正75年 1985年 36歳 -34年 -4年 昭和60年 大正74年 1984年 37歳 -35年 -5年 昭和59年 大正73年 1983年 38歳 -36年 -6年 昭和58年 大正72年 1982年 39歳 -37年 -7年 昭和57年 大正71年 1981年 40歳 -38年 -8年 昭和56年 大正70年 1980年 41歳 -39年 -9年 昭和55年 大正69年 1979年 42歳 -40年 -10年 昭和54年 大正68年 1978年 43歳 -41年 -11年 昭和53年 大正67年 1977年 44歳 -42年 -12年 昭和52年 大正66年 1976年 45歳 -43年 -13年 昭和51年 大正65年 1975年 46歳 -44年 -14年 昭和50年 大正64年 1974年 47歳 -45年 -15年 昭和49年 大正63年 1973年 48歳 -46年 -16年 昭和48年 大正62年 1972年 49歳 -47年 -17年 昭和47年 大正61年 1971年 50歳 -48年 -18年 昭和46年 大正60年 1970年 51歳 -49年 -19年 昭和45年 大正59年 1969年 52歳 -50年 -20年 昭和44年 大正58年 1968年 53歳 -51年 -21年 昭和43年 大正57年 1967年 54歳 -52年 -22年 昭和42年 大正56年 1966年 55歳 -53年 -23年 昭和41年 大正55年 1965年 56歳 -54年 -24年 昭和40年 大正54年 1964年 57歳 -55年 -25年 昭和39年 大正53年 1963年 58歳 -56年 -26年 昭和38年 大正52年 1962年 59歳 -57年 -27年 昭和37年 大正51年 1961年 60歳 -58年 -28年 昭和36年 大正50年 1960年 61歳 -59年 -29年 昭和35年 大正49年 1959年 62歳 -60年 -30年 昭和34年 大正48年 1958年 63歳 -61年 -31年 昭和33年 大正47年 1957年 64歳 -62年 -32年 昭和32年 大正46年 1956年 65歳 -63年 -33年 昭和31年 大正45年 1955年 66歳 -64年 -34年 昭和30年 大正44年 1954年 67歳 -65年 -35年 昭和29年 大正43年 1953年 68歳 -66年 -36年 昭和28年 大正42年 1952年 69歳 -67年 -37年 昭和27年 大正41年 1951年 70歳 -68年 -38年 昭和26年 大正40年 1950年 71歳 -69年 -39年 昭和25年 大正39年 1949年 72歳 -70年 -40年 昭和24年 大正38年 1948年 73歳 -71年 -41年 昭和23年 大正37年 1947年 74歳 -72年 -42年 昭和22年 大正36年 1946年 75歳 -73年 -43年 昭和21年 大正35年 1945年 76歳 -74年 -44年 昭和20年 大正34年 1944年 77歳 -75年 -45年 昭和19年 大正33年 1943年 78歳 -76年 -46年 昭和18年 大正32年 1942年 79歳 -77年 -47年 昭和17年 大正31年 1941年 80歳 -78年 -48年 昭和16年 大正30年 1940年 81歳 -79年 -49年 昭和15年 大正29年 1939年 82歳 -80年 -50年 昭和14年 大正28年 1938年 83歳 -81年 -51年 昭和13年 大正27年 1937年 84歳 -82年 -52年 昭和12年 大正26年 1936年 85歳 -83年 -53年 昭和11年 大正25年 1935年 86歳 -84年 -54年 昭和10年 大正24年 1934年 87歳 -85年 -55年 昭和9年 大正23年 1933年 88歳 -86年 -56年 昭和8年 大正22年 1932年 89歳 -87年 -57年 昭和7年 大正21年 1931年 90歳 -88年 -58年 昭和6年 大正20年 1930年 91歳 -89年 -59年 昭和5年 大正19年 1929年 92歳 -90年 -60年 昭和4年 大正18年 1928年 93歳 -91年 -61年 昭和3年 大正17年 1927年 94歳 -92年 -62年 昭和2年 大正16年 1926年 95歳 -93年 -63年 昭和元年 大正15年 1925年 96歳 -94年 -64年 -1年 大正14年 1924年 97歳 -95年 -65年 -2年 大正13年 1923年 98歳 -96年 -66年 -3年 大正12年 1922年 99歳 -97年 -67年 -4年 大正11年 1921年 100歳 -98年 -68年 -5年 大正10年 1920年 101歳 -99年 -69年 -6年 大正9年 1919年 102歳 -100年 -70年 -7年 大正8年 1918年 103歳 -101年 -71年 -8年 大正7年 1917年 104歳 -102年 -72年 -9年 大正6年 1916年 105歳 -103年 -73年 -10年 大正5年 1915年 106歳 -104年 -74年 -11年 大正4年 1914年 107歳 -105年 -75年 -12年 大正3年 1913年 108歳 -106年 -76年 -13年 大正2年 1912年 109歳 -107年 -77年 -14年 大正元年 1911年 110歳 -108年 -78年 -15年 -1年 1910年 111歳 -109年 -79年 -16年 -2年 1909年 112歳 -110年 -80年 -17年 -3年 1908年 113歳 -111年 -81年 -18年 -4年 1907年 114歳 -112年 -82年 -19年 -5年 1906年 115歳 -113年 -83年 -20年 -6年 1905年 116歳 -114年 -84年 -21年 -7年 1904年 117歳 -115年 -85年 -22年 -8年 1903年 118歳 -116年 -86年 -23年 -9年 1902年 119歳 -117年 -87年 -24年 -10年 1901年 120歳 -118年 -88年 -25年 -11年 1900年 121歳 -119年 -89年 -26年 -12年. 10月 神無月(かんなづき) 神の月(「無」は「の」を意味する)の意味。 『自治実務セミナー』35巻9号「県は住民への便宜を図るため文書の日付を全て元号に統一することができるか」 関連記事• 早苗(さなえ)を植える月。

6
そうであるならば、私文書である契約書はもちろん、民間から提出する公文書に西暦を用いてもまったく問題ないはずなのですが、元号法制定時の国会答弁において当時の三原朝雄国務大臣より、以下の答弁がなされています。

西暦・和暦・中華民国暦対照表

暦 和 西暦 と 暦 和 西暦 と

😆 いずれの場合も、サンプルに「令和」が表示されていれば正常に更新できています。

12
ここであることに気付く。 菅義偉官房長官が4月1日、記者会見で平成に代わる新しい元号を「令和」(れいわ)にすると発表。

UMIN|和暦・西暦・年齢対照表

暦 和 西暦 と 暦 和 西暦 と

🤔 ただし、2001年(平成13年)の裁判所からの協力依頼により裁判文書がA4判・横書きに統一された際、日弁連が作成した裁判文書ひな形が和暦(元号)使用を前提としており、これに各実務家がならっている実態があります。 フリー素材サイト「いらすとや」に新元号「令和」に関するイラストが追加された。 ぜひ、今回ご紹介した内容を、書類作成時の参考にしてくださいね。

9
しかし、公の機関におきましては、今後とも現在のように原則として元号によって年を表示することになるので、 一般国民が公の機関に提出をいたされます申請書でございまするとか手続書類等につきましては、公の機関における統一的事務処理のために、元号の使用について協力を願いたい と考えておるところでございます。 「すべてに適用」をクリックする。

明治・大正・昭和・平成時代暦/西暦旧暦対照表(年号・干支・うるう年付き)@夏貸文庫歴史03

暦 和 西暦 と 暦 和 西暦 と

🤛 和暦 西暦 大正7年 1918年 大正8年 1919年 大正9年 1920年 大正10年 1921年 大正11年 1922年 大正12年 1923年 大正13年 1924年 大正14年 1925年 大正15年 1926年 昭和元年 昭和2年 1927年 昭和3年 1928年 昭和4年 1929年 昭和5年 1930年 昭和6年 1931年 昭和7年 1932年 昭和8年 1933年 昭和9年 1934年 昭和10年 1935年 昭和11年 1936年 昭和12年 1937年 昭和13年 1938年 昭和14年 1939年 昭和15年 1940年 昭和16年 1941年 昭和17年 1942年 昭和18年 1943年 昭和19年 1944年 昭和20年 1945年 昭和21年 1946年 昭和22年 1947年 昭和23年 1948年 昭和24年 1949年 昭和25年 1950年 昭和26年 1951年 昭和27年 1952年 昭和28年 1953年 昭和29年 1954年 昭和30年 1955年 昭和31年 1956年 昭和32年 1957年 昭和33年 1958年 和暦 西暦 昭和34年 1959年 昭和35年 1960年 昭和36年 1961年 昭和37年 1962年 昭和38年 1963年 昭和39年 1964年 昭和40年 1965年 昭和41年 1966年 昭和42年 1967年 昭和43年 1968年 昭和44年 1969年 昭和45年 1970年 昭和46年 1971年 昭和47年 1972年 昭和48年 1973年 昭和49年 1974年 昭和50年 1975年 昭和51年 1976年 昭和52年 1977年 昭和53年 1978年 昭和54年 1979年 昭和55年 1980年 昭和56年 1981年 昭和57年 1982年 昭和58年 1983年 昭和59年 1984年 昭和60年 1985年 昭和61年 1986年 昭和62年 1987年 昭和63年 1988年 昭和64年 1989年 平成元年 平成2年 1990年 平成3年 1991年 平成4年 1992年 平成5年 1993年 平成6年 1994年 平成7年 1995年 平成8年 1996年 平成9年 1997年 平成10年 1998年 平成11年 1999年 和暦 西暦 平成12年 2000年 平成13年 2001年 平成14年 2002年 平成15年 2003年 平成16年 2004年 平成17年 2005年 平成18年 2006年 平成19年 2007年 平成20年 2008年 平成21年 2009年 平成22年 2010年 平成23年 2011年 平成24年 2012年 平成25年 2013年 平成26年 2014年 平成27年 2015年 平成28年 2016年 平成29年 2017年 平成30年 2018年 平成31年 2019年 令和元年 令和2年 2020年 令和3年 2021年 令和4年 2022年 令和5年 2023年 令和6年 2024年 令和7年 2025年 令和8年 2026年 令和9年 2027年 令和10年 2028年 令和11年 2029年 令和12年 2030年 令和13年 2031年 令和14年 2032年 令和15年 2033年 令和16年 2034年 令和17年 2035年 令和18年 2036年 令和19年 2037年 令和20年 2038年. ・明治までの改元は布告された年の元日に遡って新元号の元年としています。 まだ寒さが残っていて、衣を重ね着する(更に着る)月。 明治以降は「一世一元(いちげん)」とし、天皇1代の間にただ一つの元号を用いて改元しない。

3
その他、議事録や提案書、履歴書など、業務上の書類は和暦・西暦どちらを使ってもかまいません。