ゲーリー グッドリッジ。 ダン・ボビッシュ

ゲーリー・グッドリッジとは

グッドリッジ ゲーリー グッドリッジ ゲーリー

⚒ 1997年7月6日、のトーナメントに出場。

19
ベルとの因縁が発生し、リ・マッチの際、グッドリッジはKOされました。

ゲイリー・リッジウェイ

グッドリッジ ゲーリー グッドリッジ ゲーリー

🤝 アマチュアボクシング カナダ王者• 概要 [ ] 本格的に格闘技を始める前は世界王者であった。 つまり、頼りになるオヤジ、ということでしょう。 10月11日、初来日。

9
トーナメント1回戦でポール・ヘレラ、準決勝でジェリー・ボーランダーにKOで勝利するも、決勝戦でに敗れた。 かつてはPRIDE初出場選手との対戦が多いことから、「PRIDEの番人」という異名を持っていた。

ゲーリー・グッドリッジ

グッドリッジ ゲーリー グッドリッジ ゲーリー

🤟 3月30日、The Khan 1でと対戦、2Rにカウンターの右フックからダウン後、パウンドでTKO負け。

14
青年期 [ ] 生涯3度の結婚をする。

ゲーリーグッドリッジ、パンチドランカーでも立派になった現在!

グッドリッジ ゲーリー グッドリッジ ゲーリー

💕 また、ホンダのアメリカ工場で、テストドライバーをしていたらしいです。 K-1歴代王者のやとも互角に渡り合い、や、など多くのK-1ファイターに勝つなど、期待以上の活躍を見せた。 ちなみにタオルを投入した張本人であるMAX宮沢が言うには、やはりセコンドのタオル投入はできれば避けたいものなので「貧乏くじを引いた」と表現しています。

1
WORLD GP 2005 in HAWAII 優勝 出演作品 [ ]• 4月9日、「K-1 KINGS '98」で世界スーパーヘビー級王者ゴードン・マイナーズに挑戦し、2RKO勝ちで同王座を獲得。 そうですね。

ゲーリーグッドリッジの引退後の現在

グッドリッジ ゲーリー グッドリッジ ゲーリー

🌭 プロボクシング転向 [ ] ベルナルドがミルコに敗れた同日、ライバルのがキックボクシングと並行してプロボクシングに参戦した後のK-1復帰初戦でに衝撃の1RKO勝ちを収めて大活躍し始めたのを目の当たりにしたことで、バンナを参考にしてベルナルドもからプロボクシングに本格参戦することを決意。 7月20日、「K-1 WORLD GP 2001 in NAGOYA」にてGP予選トーナメント1回戦でにKO勝ち、準決勝でに延長戦の末に判定勝ちするも、負傷のため決勝戦を棄権した。

7
リベンジを狙ったが、からパンチ連打を浴びて3回目のダウンを喫しKO負け。 、、を相手に3試合連続1ラウンドKO勝ちで優勝。

ゲーリー・グッドリッジ

グッドリッジ ゲーリー グッドリッジ ゲーリー

🤭 1回戦、準決勝を勝ち進むと、決勝でペドロ・オタービオに勝利して、トーナメント優勝を果たした。 親日家で、日本で行った自身の結婚式ではを着用し、夫人はの出で立ちであった。

3
PRIDEに参戦するまでにUFCでドンフライやマークコールマンなどのプライドでも有名な選手とやりあっていますが、UFCでは敗北しています。 人物 [ ] ・出身。

ゲイリー・リッジウェイ

グッドリッジ ゲーリー グッドリッジ ゲーリー

⚐ それだけに面白いんですが、怖い人物と思われてしまいますが、実際はすごく優しくてニコニコしているそうです。

16
1月30日に開催された『PRIDE GRANDPRIX 2000』では、1回戦でにギロチンチョークで一本勝ちするも、5月1日の2回戦でにKO負けを喫した。

ゲーリー・グッドリッジ

グッドリッジ ゲーリー グッドリッジ ゲーリー

💙 11月9日、「K-1 GRAND PRIX '97 決勝戦」の準々決勝でと対戦し、右ボディストレートで2度のダウンを奪われて3RKO負け。 試合終了後にリングに上がってくる黒人女性は、実妹のスージーである。

5
入場テーマ曲に自ら参加したの「マイ・セルベイション」を使用していたことがある。 10月11日、初来日。

ゲーリー・グッドリッジもパトリック・スミスも強いとは言い難い成績なのに、な...

グッドリッジ ゲーリー グッドリッジ ゲーリー

🐾 2008年7月19日、旗揚げ戦でと対戦し、判定負けを喫した。 2017年1月には51歳になる日本で活躍した剛腕です。

12
Malvar 18 24 Carol Ann Christensen 21 25 Martina Theresa Authorlee 18 26 Cheryl Lee Wims 18 27 Yvonne "Shelly" Antosh 19 28 Carrie Ann Rois 15 29 Constance Elizabeth Naon 19 30 Kelly Marie Ware 22 31 Tina Marie Thompson 21 32 April Dawn Buttram 16 33 Debbie May Abernathy 26 34 Tracy Ann Winston 19 35 Maureen Sue Feeney 19 36 Mary Sue Bello 25 37 Pammy Annette Avent 15 38 Delise Louise Plager 22 39 Kimberly L. 9月3日、「K-1 REVENGE II」にてと再戦し、またしても豪快なKO勝ちを収めてフグを返り討ちにして前回の勝利がフロックでないことを証明した。 しかし、この試合がお互いの持ち味が存分に発揮された名勝負であったために、K-1主催者から高く評価され、勝ったバンナはもちろん、負けたベルナルドもK-1に参戦することになった。