ワンダー リーデル。 【武蔵野S予想】好走条件全て整った ワンダーリーデルを後押しする4つのデータ|【SPAIA】スパイア

ワンダーリーデルの成績・出走予定|地方競馬ならオッズパーク競馬

リーデル ワンダー リーデル ワンダー

👇 内6戦で人気を上回る着順に入っている。 今回エルムSに出走予定の馬も、レースによって着順がかなり入れ替わっている。

11
1件 ~ 30件(全33件)• 3秒差の2着に好走。 サンライズノヴァ58キロにも言えることだが、過去10年、古馬で58キロ以上を背負った馬は【0-0-1-7】と不振。

マイルチャンピオンシップ南部杯/ワンダーリーデルの力を信じよう|岩手競馬のレース・イベント情報 テシオブログ|地方競馬ならオッズパーク競馬

リーデル ワンダー リーデル ワンダー

💅 その後は果敢に フェブラリーS(G1)に挑戦するも、単勝オッズは屈辱の429. 前走は南部杯で5着に敗れてしまったが、この時は中8週だったのが影響したか。 重賞戦線に挑むようになったのは6歳になってから、勝ち星はG3までと今回のメンバーに入ると実績で見劣るのは否めませんが、しかしフェブラリーS4着などこの辺のメンバーでも通用していい力は見せてきてもいます。 9番人気という人気薄ではありましたが府中ダートマイルの重賞で勝ちきったという実績なら南部杯の勝ち馬候補になる資格はあるでしょう。

あとは馬連、馬単を押さえる。 10月12日のメインレースは第11R、ダートグレードJpnI『マイルチャンピオンシップ南部杯』。

マイルチャンピオンシップ南部杯/ワンダーリーデルの力を信じよう|岩手競馬のレース・イベント情報 テシオブログ|地方競馬ならオッズパーク競馬

リーデル ワンダー リーデル ワンダー

🤔 ワンダーリーデルはこれにもピタリと該当する。

12
そこから南部杯を勝って、その後の勝ち星こそプロキオンSの一つに留まっていますがいまやダートグレード界で押しも押されもせぬ実績馬の一頭に。 「中7週以下」かつ「東京コース」では7戦3勝。

ワンダーリーデルが丸わかり!競走馬データベース

リーデル ワンダー リーデル ワンダー

🤔 遅咲きワンダーリーデルが充実の7歳を迎えようとしている。 ただ先週の土曜日は唯一の勝負度Cだった東京8レースが読みも含めて一番きれいに予想できました。 最後に モズアスコット。

8
さて南部杯、本命は 9 ワンダーリーデルとしました。

JRA「単勝429倍」“屈辱”ワンダーリーデルの逆襲!? 本格化の7歳も根岸S(G3)「危険信号!」の理由とは……

リーデル ワンダー リーデル ワンダー

🔥 逆にタイムフライヤーは【0-0-0-2】で6着、9着と苦戦しており、やや気になるところではある。 前走のチャンピオンズカップから中8週という間隔で根岸Sに臨むワンダーリーデル。 そしてそのプロキオンSも南部杯との関連性が近年高まっている重要な一戦であり、それを勝って挑む今年は昨年以上の臨戦過程と言っていいでしょう。

1
8月9日 日 に札幌競馬場において行われるエルムS GIII・ダート1700m。 連覇がかかった前走南部杯は前に行った馬がそのまま粘り込み、展開に泣かされてしまった。

ワンダーリーデルの競走馬データ 全戦績・成績・血統・評価を掲載中

リーデル ワンダー リーデル ワンダー

💙 エアスピネルは2走前のプロキオンステークスで勝ち馬サンライズノヴァから0. 武蔵野ステークス2020の出走馬は、タイムフライヤー、ワンダーリーデル、サンライズノヴァ、デュードヴァン、モズアスコットなど16頭。 武蔵野ステークス2020の予想です。

6
例年だと体育の日、祝日に行われている南部杯ですが今年は本来夏に行われている予定だった東京オリンピックに伴うカレンダーの変更で平日になりました。

ワンダーリーデルが丸わかり!競走馬データベース

リーデル ワンダー リーデル ワンダー

😃 5 モズアスコットは根岸S・フェブラリーSと連勝した頃の勢いが戻っていれば。

10
相手はリワードノルン組のファイヴレター、コスモストライカー、ダンシングサンダーが有力。 ご登録は以下からお願いいたします。

【エルムS】ダート中距離は混戦必至 京大競馬研は「休み明け2走目の複勝率100%」「雨馬場得意」のワンダーリーデルを狙い撃つ(SPAIA AI競馬)

リーデル ワンダー リーデル ワンダー

☕ 前走のダート1000m戦に続いての転入後2連勝を準重賞勝ちで飾りました。 文句なしで本命に推したい。

7
11月14日(土)の平場の勝負レースはから。

ワンダーリーデルが丸わかり!競走馬データベース

リーデル ワンダー リーデル ワンダー

👀 武蔵野S優勝で賞金は足りており、狙いはあくまでもフェブラリーSという見方もできる。

13
マリーンSを快勝し、ダート初勝利を挙げたタイムフライヤー、アンタレスSの勝ち馬ウェスタールンド、初ダートだった前走のプロキオンSでは2着に好走したエアスピネルなどが集まり、非常に混戦模様の一戦となった。 左回りのマイル戦では非常に高いパフォーマンスを見せており、同条件のG3戦なら上位争いに加わってくるのではないか。