感染 拡大 防止 協力 金 東京 都。 「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(11/28~12/17実施分)」の実施概要をお知らせします! (2020年12月4日)

東京都「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(11月28日~12月17日実施分)実施概要等について

拡大 防止 都 感染 東京 協力 金 拡大 防止 都 感染 東京 協力 金

🤐 全面的な協力とは、11月28日から12月17日までの間、要請に応じて営業時間の短縮を行っていただくことが必要です。 (4)ライセンス表示• 提出方法は、WEBを通じた申請と郵送または都税事務所への持参• 感染拡大防止協力金における「中小企業」の範囲 感染防止拡大協力金における中小企業の範囲は、下記の通りです。 現在、支給の方法を含めまして、詳細を検討しているところでありまして、決まり次第、発表して参ります。

2
・申請は「感染防止徹底宣言ステッカー」を設置する施設、またはイベントごとに行ってください。

営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(第1123報)|東京都

拡大 防止 都 感染 東京 協力 金 拡大 防止 都 感染 東京 協力 金

👍 関連情報 問い合わせ先 産業労働局総務部企画計理課 電話 03-5320-4836. 詳細又は個別事項等は連絡先にお問い合わせください。 協力金を受け取っている場合は返金するとともに、協力金と同額の違約金を支払うペナルティが課せられますので、適正に申請を行いましょう。 郵送又は都税事務所への持参も可能です。

18
ケースごとの提出書類 今まで事前確認を行ってきた中でまとめると、下記のいずれかの資料セットをご準備いただければ問題ないと思います。

「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(11/28~12/17実施分)」の実施概要をお知らせします!

拡大 防止 都 感染 東京 協力 金 拡大 防止 都 感染 東京 協力 金

🤟 対象となる専門家は下記の通りです。 協力金の支給可否に関する通知を事業者へ送付• 上記ポータルサイトから入手できます。

飲食店については、営業の形態や名称の如何を問わず、従前、夜22時から翌朝5時までの間に営業し、客に酒類の提供を行っていた店舗が、夜22時から翌朝5時までの夜間時間帯の営業を行わない(終日休業含む)か、あるいは酒類の提供を終日行わない場合に対象となります。

対象施設一覧【令和2年5月25日をもって緊急事態措置終了】|東京都防災ホームページ

拡大 防止 都 感染 東京 協力 金 拡大 防止 都 感染 東京 協力 金

⚛ <基本的に休止を要請する施設> 出典:東京都発表資料(以下同じ) 施行令による協力依頼を行う施設として、基本的に休止を要請する施設は、遊興施設、大学・学習塾、運動・遊技施設、劇場、集会・展示施設、商業施設。

4
3.食事提供施設は休業でも従来の営業時間を記載する 食事提供施設の場合、休業でも営業時間の短縮でも給付要件を満たすことができます。

対象施設一覧【令和2年5月25日をもって緊急事態措置終了】|東京都防災ホームページ

拡大 防止 都 感染 東京 協力 金 拡大 防止 都 感染 東京 協力 金

🙌 休止対象施設は東京都防災ホームページで確認を 感染拡大防止協力金の対象となる施設については、に記載されています。 食事提供施設(飲食店、料理店、喫茶店、和菓子・洋菓子店、タピオカ屋、居酒屋、屋形船)等は休止要請の対象外となっていまが、適切な感染防止対策と営業時間短縮の協力要請は行われています。

14
5 利用者の方へ ステッカー登録店舗・事業所を地図上で表示できるサービス「東京都感染拡大防止徹底宣言 登録店舗マップ」は、こちらからご覧ください。

営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(23区内と多摩地域)11月28日から12月17日実施分

拡大 防止 都 感染 東京 協力 金 拡大 防止 都 感染 東京 協力 金

🍀 また、申請受付期間や申請方法等は決定次第、都ホームページにて公表する予定です。 5.「感染防止徹底宣言ステッカー」とは? 東京都が発行している、事業者が実施すべき感染防止策チェックシート(業種別)に記載の全項目を実施していることを宣言するステッカー。 なお、対面での受付・説明はございません。

17
外景写真がなくても不支給となることはありませんが、支給時期を早めるためにも店舗の状況のわかる外景写真を提出したほうが良いと思います。 例えば第2回の場合は、緊急事態措置期間が延長された5月7日以前に開業し、営業実態がある事業者が対象となります。

営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(第1123報)|東京都

拡大 防止 都 感染 東京 協力 金 拡大 防止 都 感染 東京 協力 金

😚 申請書類の簡素化等 (1) 第1回協力金の支給決定通知をお持ちの方で、第1回と同じ店舗・施設で申請する方 申請書類が簡素化されます。 受付開始時期等 受付要項公表 令和2年12月18日(金) 14時(予定) 申請受付期間 令和2年12月18日(金)~令和3年1月25日(月) 対象要件 営業時間短縮の要請を受けた特別区及び多摩地域の各市町村において酒類の提供を行う飲食店及びカラオケ店を運営する中小企業・個人事業主等が対象となります。 店舗の目のつきやすい場所に掲示することで、利用者の方々に、適切な感染防止策が行われた、安心して利用できる店舗であることを伝えることが出来る。

なお、申請受付開始前に情報発信のためのポータルサイトを12月4日10時に開設します。